落語

「襲名騒ぎ」チャンスに 好の助さん真打ち昇進会見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
真打ち襲名パーティー会場で、幻となった林家九蔵の幕を「シャレ」で披露し、ポーズを取る三遊亭好の助さん(左)と師匠の三遊亭好楽さん=油井雅和撮影
真打ち襲名パーティー会場で、幻となった林家九蔵の幕を「シャレ」で披露し、ポーズを取る三遊亭好の助さん(左)と師匠の三遊亭好楽さん=油井雅和撮影

 「林家九蔵」襲名取りやめがスポーツ紙やテレビに取り上げられた、三遊亭好の助(こうのすけ)さんの真打ち昇進披露パーティーと記者会見が24日、東京都内のホテルであった。パーティーでは笑福亭鶴瓶さんや笑点メンバーの林家三平さんら約500人が新真打ちの門出を祝った。

 師匠の三遊亭好楽さんは八代目林家正蔵(後の初代彦六)に入門し、林家九蔵を名乗った後、五代目三遊亭円楽一門に移り、今の名前に。「かわいい三番弟子に継がせたい」と、真打ちに昇進する好の助さんに「九蔵」を襲名させようと考え、準備を進めた。だが、現在の林家正蔵さん(九代目)と初代林家三平の妻、海老名香葉子さんが難色を示したことから、好の助さんは今の名前のままで…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文770文字)

あわせて読みたい

ニュース特集