メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活保護法など

改正案、議論深めず、25日衆院委採決

 衆院厚生労働委員会理事会は24日、生活保護法などの改正案を25日に採決することを決めた。早ければ今週中に衆院を通過する。だが、財務省の不祥事に反発して野党が審議を拒否。生活保護受給額の減額など多くの懸念があるにもかかわらず、議論が深まらないまま今国会で成立する見通しとなった。

 政府は、生活保護受給世帯の子どもの大学進学を後押しする給付金創設などを柱とした生活保護法など4法の一括改正を目指す。これとは別に10月から受給額を段階的に最大5%減らす。一方、日本維新の会を除く野党は受給額の減額見直しを求める対案を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです