メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟県教委職場死

残業154時間 「過労死ライン」突破

第三者調査委、調査結果を県に報告

 新潟県教育委員会の女性職員(当時42歳)が長時間労働の末、1月に職場で倒れ死亡した問題で、弁護士などでつくる県教委設置の第三者調査委員会(会長=平哲也元県弁護士会長)は24日、死亡の背景などの調査結果を県に報告した。

 報告書によると、2017年12月の残業時間は154時間で、厚生労働省が定める月100時間の「過労死ライン」を大幅に上回っていたことが判明。女性が抱える難病「骨形成不全症」への配慮不足…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」
  2. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗
  3. プリキュア 横浜に歴代55人が初集結で1万人のファン歓喜! 本名陽子「ぶっちゃけ、ありえな~い!!」」
  4. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  5. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです