メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

知的障害ある外国人にも容認

 旧厚生省が1960年、旧優生保護法(48~96年)に基づく強制不妊手術について、知的障害のある在日外国人にも認めていたことが24日、北海道が毎日新聞に開示した同省とのやりとりを記録した文書から判明した。実際に手術されたかは確認されていないが、外国人にまで基本的人権である「産む権利」を認めていなかった実態が明らかになったのは初めて。専門家は「法の趣旨からの逸脱」を指摘、厚生労働省は「事実の把握に努める」(母子保健課)としている。

 開示文書によると、北海道は60年7月、当時の病名で「精神薄弱」のある「身よりのない外国人」への強制…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです