衣笠さん死去

「勝負強くて、丈夫な選手」古葉竹識さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
古葉竹識さん=吉見裕都撮影
古葉竹識さん=吉見裕都撮影

 衣笠祥雄さんの広島での現役時代に監督として指導し、苦楽をともにした古葉竹識さん(82)は突然訪れた別れを惜しんだ。

 ◇ ◇ ◇ 

 サチ、今年初めに広島で会った時、声がかすれていたよね。「大丈夫か?」と聞いたら、「いやいや、大丈夫」と言ってくれたじゃないか。私より10歳も若いだろう。これからも元気に活動して、ファンを喜ばせてもらいたかったのに。

 1979年5月28日、サチは、三宅秀史(元阪神)の700試合連続フルイニング出場のプロ野球記録に678試合と近づいていたけれど、スランプで全く打てなくなっていたよね。考えた末に、フルイニングは難しいけれど、連続試合出場は続けさせようと、私は決めた。「監督室に来てくれ」と伝えたら、部屋に入るなり「思う通りにしてください」って言ってくれた。その日、先発から外したよな。悔しかっただろうけど、その後も、…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文615文字)

あわせて読みたい

ニュース特集