メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣笠さん死去

「江夏の21球」支えた沈着さ

 1987年に現役引退するまでに、2215試合連続出場のプロ野球記録を樹立し、「鉄人」と呼ばれた衣笠さん。試合中、温かく、的確な助言で仲間を励まし、鼓舞してきた。

 79年の近鉄との日本シリーズ第7戦。広島の1点リードで迎えた九回裏、抑えの江夏豊さん(69)が無死満塁のピンチを招いた。広島の古葉竹識監督は救援投手をブルペンで準備させていた。これが、江夏さんの感情を乱した。

 わずかなミスも許されない緊迫した場面で、江夏さんが見せたいらだち。その時、一塁を守っていた衣笠さん…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文605文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです