メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣笠さん死去

「野球の神様に感謝」最後まで身をささげ

 球界の元祖「鉄人」が、71歳でこの世を去った。広島一筋でチームの中心選手として活躍し、不惑の40歳で迎えた1987年6月にルー・ゲーリッグが持つ大リーグの連続試合出場記録2130試合(当時)を抜き、頂点に立った衣笠祥雄さん。「私に野球を与えてくださいました神様に感謝します」と語り、この年の引退まで2215試合連続出場の金字塔を打ち立てた。引退後も解説者として球界に携わり続け、最後まで野球の発展に身をささげた生涯だった。

 誰にでも紳士的に振る舞う人柄は尊敬を集め、その影響は球界にとどまらなかった。79年8月1日の巨人戦…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです