メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

権力者の「告解」題材に映画 ロベルト・アンドーさん

 「物語では秘密をめぐる二つの考え方が対立する。一つは財界の権力者が抱く野心。もう一つはその心の奥にある良心や正義」と話すのはイタリアのロベルト・アンドー監督(59)。新作映画「修道士は沈黙する」が今春公開された。

 映画の舞台はドイツのバルト海沿岸にあるリゾート地。そこに米国や日本を含む主要国の財務相らが会議に参加するために集まった。途上国が…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです