メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

心の中を探す旅人の目で=和合亮一(詩人)

4月

目の前をバスが通過して

想いはそこで断ち切られるのだが

消えてしまったものを

もう一度さがすために

ひとり

渡ってゆく

 西脇順三郎の詩集『旅人かへらず』(講談社文芸文庫)がテレビ番組のコーナーで取り上げられて静かな話題となっている。脚本家の大石静氏がいつもカバンの中に入れている詩集(文庫)ということで紹介。今、多くの方が手にしている様子である。西脇の詩の魅力をお茶の間に伝えたことも勿論(もちろん)であるが、カバンの中に詩集を……という紹介もとても喜ばしい。

 金字塔の近代詩に喚起されるものがあって数々のセリフは誕生したのだろうか。詩集を開くことによる感覚の…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1278文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです