メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観劇メモ

庶民を描く名人芸

 今年は明治改元から150年。この1世紀半で社会の姿は大きく変化したが、日本人の性格は変わったのだろうか。

 一人芝居を通じて、市井の人々の姿を笑いと哀愁を交えて鮮やかに描き出してきたイッセー尾形が、還暦を過ぎて新たなライフワークとして始めたのが“庶民のルーツ”を探る旅。3月29日~4月1日に大阪・近鉄アート館で上演された「妄(もう)ソーセキ劇場+1」は、2015年から続けている夏目漱石の小説を下敷きとした一人芝居に、日替わりの新作1本をプラス。今も昔も変わらない庶民のさまざまな顔を、文学作品を手がかりに浮か…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文641文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです