メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観劇メモ

庶民を描く名人芸

 今年は明治改元から150年。この1世紀半で社会の姿は大きく変化したが、日本人の性格は変わったのだろうか。

 一人芝居を通じて、市井の人々の姿を笑いと哀愁を交えて鮮やかに描き出してきたイッセー尾形が、還暦を過ぎて新たなライフワークとして始めたのが“庶民のルーツ”を探る旅。3月29日~4月1日に大阪・近鉄アート館で上演された「妄(もう)ソーセキ劇場+1」は、2015年から続けている夏目漱石の小説を下敷きとした一人芝居に、日替わりの新作1本をプラス。今も昔も変わらない庶民のさまざまな顔を、文学作品を手がかりに浮か…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文641文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ ダルビッシュが故障者リスト入り
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]