メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

シェア自転車、中国存在感 行政支援が後押し 北九州進出「全国へ」

 気軽に借りて移動できる「シェア自転車」の国内市場で、昨年から参入した中国の大手2社が存在感を見せている。21カ国で展開する「ofo(オフォ)」は和歌山、北九州両市で事業を始め、今月27日には大津市でサービスを開始する。札幌、福岡両市で実証実験を進めるライバルの「Mobike(モバイク)」も3月下旬に神奈川県大磯町と奈良市に進出した。これまでは国内の企業やNPO法人が運営していたが、欧米や中国などと比べて公共交通としての定着は遅れており、全国展開を目指す中国大手の進出が利用促進につながるか注目される。【比嘉洋】

 「今後は順次、日本全土に拡大する予定だ」。国内2都市目となる北九州市への進出を発表したオフォ日本法…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1261文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです