東日本大震災

福島第1原発事故 農林業系汚染物、試験焼却再開中止を 住民団体が県などに決議書 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故で生じた国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下の農林業系汚染廃棄物の試験焼却を巡り、住民団体「放射能汚染廃棄物『一斉焼却』に反対する宮城県民連絡会」(事務局、仙台市)が25日、県と仙南地域広域行政事務組合に試験焼却の再開中止を求める決議書を提出した。

 仙南地方の9市町でつくる仙南地域広域行政事務組合は3月20日、角田市の仙南クリーンセンターで1回目の試験焼却を実施した。環境省によると、放射性セシウムの空間線量を常…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

あわせて読みたい

注目の特集