メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 農林業系汚染物、試験焼却再開中止を 住民団体が県などに決議書 /宮城

 東京電力福島第1原発事故で生じた国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下の農林業系汚染廃棄物の試験焼却を巡り、住民団体「放射能汚染廃棄物『一斉焼却』に反対する宮城県民連絡会」(事務局、仙台市)が25日、県と仙南地域広域行政事務組合に試験焼却の再開中止を求める決議書を提出した。

 仙南地方の9市町でつくる仙南地域広域行政事務組合は3月20日、角田市の仙南クリーンセンターで1回目の試験焼却を実施した。環境省によると、放射性セシウムの空間線量を常…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです