メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

桂小五郎潜伏地=兵庫県豊岡市出石町 変名で荒物屋も営む

出石は城下町の街並みが残る。正面は明治4年に大手門脇に建てられた時計台「辰鼓楼」=兵庫県豊岡市出石町で、山本真也撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 維新三傑の一人、長州藩士の桂小五郎(木戸孝允(たかよし))は、「逃げの小五郎」と言われることがある。江戸の名門、斎藤弥九郎道場で塾頭を務めた剣の達人でありながら、用心深く、危険が及ぶと、時には物乞いや旅芸人に身をやつしてひたすら逃げた。長州が京都を追われた禁門の変(1864年)後、幕府最大のお尋ね者となった桂が身を潜めたのが但馬の城下町の出石(兵庫県豊岡市)だ。【山本真也】

 木造建築が並ぶ碁盤の目のような路地を観光客がそぞろ歩く。戦災を逃れ、戦後も大きな開発が行われなかったため、城下町の町割りがそのまま残る。城主の仙石家は信州上田からの国替えで、そば職人を連れてきた。白地の小皿に盛られた出石そばも観光客のお目当てだ。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです