自動運転

EVバスで実験 播磨科学公園都市で 県企業庁、15キロ離れた地点から監視 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
播磨科学公園都市での実証実験に使われる自動運転のEVバス=兵庫県企業庁提供
播磨科学公園都市での実証実験に使われる自動運転のEVバス=兵庫県企業庁提供

 県企業庁は5月20~23日、播磨科学公園都市にある世界最大級の大型放射光施設「スプリング8」(佐用町)周辺で、電気自動車(EV)のバスを自動運転する実証実験に取り組む。15キロ離れた地点から運行を遠隔監視する全国初の試みも実施。播磨科学公園都市全体での実用化の課題を探る。

 県企業庁、理化学研究所、神姫バスなどが参加する。フランス製の自動運転EVバス「NAVYA ARMA(ナビヤアルマ)」(全長4・75メートル、幅2・11メートル、高さ2・65メートル、定員1…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

あわせて読みたい

注目の特集