メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

屯鶴峯

今秋にも見学者用階段 表面の浸食進まないよう 香芝 /奈良

白い凝灰岩が露出した屯鶴峯。非日常的な風景が人気という=奈良県香芝市穴虫で、稲生陽撮影

 えぐられたような白い山肌が奇観として人気を集めている香芝市穴虫の「屯鶴峯(どんづるぼう)」に、市が今秋にも見学者向けの階段を設置する。来場者の増加で表面の浸食が進んでいるためで、流出した砂で周辺の側溝が詰まる事態も起きている。

 屯鶴峯は標高約150メートルの岩山。1500万年前に近くの二上山が噴火した際の灰が固まってできたとされ、風化と浸食を繰り返した白い岩が特徴で、遠くからは鶴が休んでいるように見えるのが名前の由来…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです