メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶくぶく潜水隊

串本ダイビング事業組合 万全の安心で魅力発信 /和歌山

ダイバーに楽しんでもらおうと期間限定で設置された海中こいのぼり=和歌山県串本町潮岬沖で、山本芳博撮影

 三方が海に囲まれた本州最南端の串本町はスキューバダイビングで人気を集める。町内では22のダイビング店が「串本ダイビング事業組合」に加盟している。海中の魅力や安全な楽しみ方を発信する同組合のダイバーと一緒に私(隊長)も潜った。【隊長・山本芳博】

 同組合には、「イベント部」と「安全対策部」の二つのグループがある。イベント部は、海底にアオリイカの産卵床やクリスマスツリーなどを設置してダイバーに見て楽しんでもらう。安全対策部は、ダイビング時の津波避難訓練や救急救命に取り組む。今年度からは県立串本高校の生徒を対象に、ダイビングの…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  2. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  3. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです