メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

両備バス

運行へ 西大寺線は「無料スト」に 労組 /岡山

記者会見する岡山電気軌道労働組合の成田健一執行委員長(左)と両備バス労働組合の高木秀治執行委員長=岡山市北区で、林田奈々撮影

 両備グループの両備バス労働組合(組合員数478人)と岡山電気軌道労働組合(同178人)は25日、岡山市北区で記者会見し、26、27両日に予定していた路線バスなどの運行中止ストライキを取りやめると発表した。これにより、両備グループのバスや路面電車の運転ストップは回避される。

 労組は、両備グループの主要な黒字路線とほぼ競合する「八晃運輸」(同市)の新バス路線の認可に抗議するとして、23日午後1~2時、岡山西大寺線(西大寺バスセンター-JR岡山駅間)でストを実施した。さらに、26日午後1~4時に岡山西大寺線▽27日の終日、県内全てのバス路線(貸し切りなどを除く)と路面電車--でストを実施すると会社側に通告してい…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです