メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

平成あと1年/2 象徴の務め、総仕上げ 「在位中に」思い強く

那覇空港で見送りの人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=2018年3月29日、津村豊和撮影

 初夏を思わせるような陽気の沖縄・那覇空港。3月29日午後、日本最西端の与那国島を含む2泊3日の沖縄県訪問を終えられた天皇、皇后両陛下の姿があった。両陛下は見送る県民に手を振ってから空港ビルまで歩き始めたが、十数メートルの間に2度も振り返り、穏やかな表情でさらに手を振った。特別機に乗るとそろって窓際に座り、外の光景を見やっていた。

 同行していた宮内庁職員は「天皇として最後の沖縄訪問になるとの思いに浸られたのではないか」と振り返る…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1186文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです