メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

南北首脳あす会談 米韓連携、成果の鍵 非核化・和平に機運

南北首脳会談が行われる「平和の家」の室内=ロイター

 11年ぶり3回目の開催となる南北首脳会談を控え、韓国大統領府が最も力を入れているのは米国との連携だ。統一問題や経済協力が主要議題となった過去2回の南北首脳会談は、冷戦構造を変える契機にはならず、北朝鮮の核開発に歯止めをかけられなかったという反省からだ。南北対話をステップに、6月初旬までの米朝首脳会談で非核化や平和体制構築のロードマップを具体化できるかが焦点となる。【ソウル堀山明子】

 「南北首脳会談だけで終わるのではなく、米朝首脳会談まで成功させるため、(米韓の)緊密な連携が必要だ」。韓国青瓦台(大統領府)高官は24日夜、韓国記者団にこう強調した。鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長(閣僚級)が訪米してワシントンでボルトン米大統領補佐官と会談し、米朝首脳会談開催前の5月中旬に米韓首脳会談を調整中だと明らかにした。また、南北首脳会談直後に文在寅(ムンジェイン)大統領がトランプ米…

この記事は有料記事です。

残り1965文字(全文2358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです