メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

米中ハイテク戦争=坂東賢治

 <moku-go>

 1980年代の日米経済摩擦を象徴するような事件が東芝機械ココム違反事件(87年)だった。ソ連に輸出した工作機械が潜水艦の静粛性を高め、米国を危機にさらしたと、親会社の東芝製品がハンマーで打ち壊された。

 米大学や研究機関への日本製スパコン納入が米側の圧力でキャンセルされることも相次いだ。半導体をめぐり、米通商法301条に基づく制裁措置も発動された。

 制裁発動の背景について本紙は「先端技術の優位確保という経済と国防の論理の一体化」という見方を伝えて…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです