メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成ネット政治史

プロローグ 巻き込まれつつ巻き込もう SEALDs元メンバー・奥田愛基さんに聞く=逢坂巌

インターネットとのつきあいについて語る奥田愛基さん=2018年4月10日

 本編開始に先立つインタビューの2回目は、2015年の安全保障関連法をめぐって国会が紛糾した際、ツイッターなどインターネットを駆使したデモを呼びかけ、日本の政治参加の風景を変えた学生団体「SEALDs(シールズ)」元メンバーの奥田愛基さん(25)に聞いた。

 --ネットとの付き合いは。

 ◆小学校の4、5年のときにネットでゲームをしたり、小6のときには無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」につながるスポットを求めて仲間と町を歩き回りました。中学でいじめにあって引きこもったときも「学校裏サイト」で言い合いになったり、海外の音楽をネット経由で楽しんだりしました。その後、沖縄県の南の島の小さな中学校に転校したのですが、その学校も自分でネット検索して見つけました。

 --大学で新しい形のデモを組織するようになりますが、そのきっかけは?

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 平尾誠二さん死去 800人が感謝 山中所長「治せなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです