国民民主党

岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 民進党の岡田克也元代表は、同党と希望の党が5月の連休明けに結成する新党「国民民主党」に参加しない意向を固めた。岡田氏が所属する衆院の民進党系会派「無所属の会」(14人)の多くが同調する見通し。新党は衆院で野党第1党に届かない情勢になった。

 岡田氏は24日、自身に近い民進系議員約10人と国会内で協議し、27日にも離党届を提出する考えを示した。

 一方、希望の党の長島昭久政調会長は25日、新党への不参加を玉木雄一郎代表に伝えた。松沢成文参院議員団代表らと分党後の「希望の党」で活動する。長島氏は「総選挙で1000万近い有権者から票を投じてもらったのに、半年足らずで放り投げてしまうのは筋が立たない」と記者団に説明した。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文490文字)

あわせて読みたい

ニュース特集