メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「SDGs」に見る環境問題 地球規模思考の契機に=五十嵐和大(東京科学環境部)

「SDGsゼミ」で学ぶ海城中学高校の生徒たち=五十嵐和大撮影

 国連の「持続可能な開発目標」(SDGs=エスディージーズ)をテーマに昨年10月~今年3月、6回の連載記事「イチからオシえてSDGs」(朝刊環境面)を担当した。SDGsの掲げる資源保護や「飢餓ゼロ」など17の目標をキーワードに企業や教育現場を取材し、気候変動や生物多様性の危機など地球の存続を脅かすさまざまな問題を見つめ直し、取り組む動きを目の当たりにした。私たちはしばしば、日本という島国の中だけで物事をとらえがちだが、SDGsが地球規模の課題へと視野を広げるきっかけになるのではないか。そんな強い期待を抱いている。

 「次は水族館へ資源量の話を聞きに行こう」。東京都新宿区の私立中高一貫校、海城中学高校で放課後に開講する「SDGsゼミ」の様子を3月に取材した。理科実験室に集まった生徒約10人は、SDGsの求める生物資源の保護について理解を深めようと、研究者やNGOなどへの取材を準備していた。

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2292文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 「楽しみあい、渡しあう家族」主演ニノが語る映画「浅田家!」 10月2日公開

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです