メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北首脳会談

韓国世論 若者「身近に思えぬ」 分断70年、関心に世代差

ソウル図書館(旧市庁舎)の壁に張られたポスター。「南と北が作る平和 ソウル市も共に取り組む」とのメッセージも=ソウルで2018年4月25日、渋江千春撮影

 【ソウル渋江千春】27日の南北首脳会談を前に、韓国の青瓦台(大統領府)は首脳会談特設ホームページを開設し、当日は生中継の映像を配信するなど、国民向けアピールに力を入れる。一方、南北分断から70年あまりが経過し、北朝鮮に対する国民の関心は若い世代を中心に年々低下しているとされ、前回(2007年)、前々回(00年)ほど盛り上がりを見せるかは見通せない。

 「戦争の不安を取り払った朝鮮半島で、皆がすくめた肩を広げて生きていけるよう、『平和、新たな始まり』を応援します」

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです