メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米仏首脳会談

米大統領、態度不明確 仏提案のイラン核「新合意」

 【ワシントン高本耕太、パリ賀有勇】トランプ米大統領とフランスのマクロン大統領は24日、米ホワイトハウスで会談した。トランプ氏が破棄・離脱を強く示唆するイラン核合意について、マクロン氏は弾道ミサイル開発規制などを盛り込んだ「新たな合意」を提案。だがトランプ氏は「(合意離脱の判断期限の)5月12日に私がどうするかは、誰も知らない」と対応についての明言を避け、マクロン氏の「配慮」が奏功するかは見通せない。

 マクロン氏はトランプ氏との会談後に臨んだ共同記者会見で、新合意の内容として、弾道ミサイル開発規制に…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです