メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

サクラサイト 異性や芸能人演じ誘導

 悪質なインターネットサイト業者に雇(やと)われた「サクラ」が、異性や芸能人などになりすまし、消費者を有料サービスなどに誘(ゆう)導(どう)する「サクラサイト商法」。古くからある手口だが、ツイッターやフェイスブックといったソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を入り口に、社会経験の少ない若者が被(ひ)害(がい)に遭(あ)うケースが後を絶たない。

 近(きん)畿(き)地方の10代男性は今(こ)年(とし)、不特定多数の人と知り合えるスマートフォンのマッチングアプリで女性と知り合い、SNSでメッセージのやりとりを始めた。しばらくすると「別のサイトでやりとりしたい」と頼(たの)まれ、指定されたサイトに登録。何度かメッセージを交(こう)換(かん)するうちに文字化けやシステムエラーが発生し、解除にはポイント購(こう)入(にゅう)が必要と説明された。指…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです