メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

サクラサイト 異性や芸能人演じ誘導

 悪質なインターネットサイト業者に雇(やと)われた「サクラ」が、異性や芸能人などになりすまし、消費者を有料サービスなどに誘(ゆう)導(どう)する「サクラサイト商法」。古くからある手口だが、ツイッターやフェイスブックといったソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を入り口に、社会経験の少ない若者が被(ひ)害(がい)に遭(あ)うケースが後を絶たない。

 近(きん)畿(き)地方の10代男性は今(こ)年(とし)、不特定多数の人と知り合えるスマートフォンのマッチングアプリで女性と知り合い、SNSでメッセージのやりとりを始めた。しばらくすると「別のサイトでやりとりしたい」と頼(たの)まれ、指定されたサイトに登録。何度かメッセージを交(こう)換(かん)するうちに文字化けやシステムエラーが発生し、解除にはポイント購(こう)入(にゅう)が必要と説明された。指…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 新型コロナ最多66人の北海道は集団感染も 知事「思い切った対策」外出自粛に踏み込む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです