メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

ソメイヨシノの脅威=鴨志田公男

 今年は各地でソメイヨシノが記録的な早さで満開となった。東京では平年より10日早く、入学式のころにはすっかり葉桜になっていた。

 「でも、よく探すと日本のどこかで、サクラは一年中咲いていますよ」。そう話すのは、日本各地のサクラを追い続ける東京都在住の会社員、中西一登さん。2016年11月から毎週欠かさず花見をしており、その旅日記をインターネットで発信中だ。

 日本列島は南北に長く、気候の変化に富む。ヤマザクラやエドヒガンなど野生のサクラは9種類、野生種の交配でできたソメイヨシノなど栽培品種は数多くあり、咲く時期もさまざま。夏場は見つけにくいものの、通常とは違う時期に狂い咲きするサクラもあって、なんとか記録を継続できているそうだ。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです