メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

相談態勢改善を 超党派勉強会でろうあ団体など要望

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らの相談窓口をめぐり、ろうあ者らの団体などから25日、相談しやすい態勢を求める声があがった。超党派の議員連盟の第4回勉強会で発言が相次ぎ、厚生労働省は対策を検討する考えを示した。

 相談窓口は各都道府県の担当課などの電話番号の一覧を厚労省がまとめ、24日に発表して…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  2. 国民「夫婦別姓やじは自民・杉田水脈議員」 玉木氏が指摘、本人否定せず

  3. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. コシヒカリ4トン窃盗容疑で兄弟逮捕「数え切れないくらい盗んだ」 石川県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです