メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR福知山線脱線

事故13年 安全な鉄道「道半ば」 3年ぶり追悼のつどい 兵庫・尼崎

アーチ状の屋根に覆われた事故現場のマンション(奥)=兵庫県尼崎市で2018年4月25日午後7時10分、平川義之撮影

 兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人と運転士が死亡し、562人が負傷したJR福知山線脱線事故から25日で13年を迎えた。発生時刻の午前9時18分、遺族らは事故現場などで黙とうし、犠牲者の冥福を祈った。遺族やJR西日本幹部らが参加する「追悼と安全のつどい」が3年ぶりに開かれ、関係者は鉄道の安全を問い直し、再発防止を誓った。

 昨年12月に新幹線「のぞみ」が台車に亀裂が入った状態で走行する問題が起きた。新幹線初の重大インシデントに認定され、JR西の安全管理体制が改めて問われている。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  2. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです