メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR福知山線脱線

事故13年 安全な鉄道「道半ば」 3年ぶり追悼のつどい 兵庫・尼崎

アーチ状の屋根に覆われた事故現場のマンション(奥)=兵庫県尼崎市で2018年4月25日午後7時10分、平川義之撮影

 兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人と運転士が死亡し、562人が負傷したJR福知山線脱線事故から25日で13年を迎えた。発生時刻の午前9時18分、遺族らは事故現場などで黙とうし、犠牲者の冥福を祈った。遺族やJR西日本幹部らが参加する「追悼と安全のつどい」が3年ぶりに開かれ、関係者は鉄道の安全を問い直し、再発防止を誓った。

 昨年12月に新幹線「のぞみ」が台車に亀裂が入った状態で走行する問題が起きた。新幹線初の重大インシデ…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文565文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです