寝屋川市

残業抑制でパソコン強制終了 自治体で全国初

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長時間労働を抑制しようと、大阪府寝屋川市は26日から、上司の承認なく残業している職員のパソコンを強制終了するシステムを導入した。課長級以上を除く約1000人が対象で、終業(原則午後5時半)の30分後に自動的に電源が切れる。民間企業では導入例があるが、市によると、自治体では全国初の取り組みという。

 残業する場合、業務内容と残業時間をパソコンで事前申請し、承認を得る必要がある。終業1時間半前から、パソコンの利用可能時間と、残業する場合に申請が必要だとする警告文が30分間隔…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

あわせて読みたい

注目の特集