船の科学館

南極観測船「宗谷」建造80年で企画展

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
企画展「『検証“宗谷”の奇跡』~不可能を可能にした船の真実~」の会場で初日から4日間、先着200人に配布されるペーパーモデル=船の科学館提供
企画展「『検証“宗谷”の奇跡』~不可能を可能にした船の真実~」の会場で初日から4日間、先着200人に配布されるペーパーモデル=船の科学館提供

 東京・お台場の「船の科学館」(東京都品川区)で保存されている南極観測船「宗谷」が、建造から80年を迎えることを記念し、5月3日から6月10日まで、同館本館1階ロビーで企画展「『検証“宗谷”の奇跡』~不可能を可能にした船の真実~」を開催する。

 「宗谷」は長崎県の川南造船所で1938年に旧ソ連向けの耐氷型貨物船として完成したが、ソ連には引き渡されず、国内で貨物船として使われた。太平洋戦争当時は、旧日本海軍の特務艦として戦地を転々とし、米軍の攻撃を受けながらも沈没を免れたことから「奇跡の船」と呼ばれ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

あわせて読みたい

注目の特集