武田薬品

製薬大手シャイアー7兆円買収、最終調整

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2016年の医薬品売上高ランキング
2016年の医薬品売上高ランキング

武田、最終合意の期限を5月8日まで延長

 武田薬品工業は25日、アイルランドの製薬大手シャイアーを買収する方向で最終調整に入った。武田は約460億ポンド(約7兆円)でシャイアーの全株式を取得すると提案し、シャイアーの取締役会は提案を自社の株主に推奨する方針を決めた。武田は最終合意の期限を当初の英国時間25日午後5時(日本時間26日午前1時)から5月8日まで延長し、詰めの交渉を急ぐ。

 買収が実現すれば、日本企業による海外企業の買収としては、2016年にソフトバンクグループが約240億ポンド(3・7兆円)で買収した英半導体設計大手ARM(アーム)を超えて過去最大規模になる。新しい期限までに他社が名乗りを上げれば、買収合戦になる可能性も残る。

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1735文字)

あわせて読みたい

ニュース特集