メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北京モーターショー

EV興隆 中国、米と貿易摩擦の影も

世界初公開の中国向け電気自動車(EV)などが並んだホンダの発表会=北京市で2018年4月25日、赤間清広撮影

 【北京・赤間清広】世界最大級の自動車見本市、北京モーターショーが25日開幕、国内外の約1200社が中国で需要が高まる電気自動車(EV)の最新モデルなどを披露した。世界一の新車市場として勢いづく中国だが、米国との貿易摩擦の影響が懸念されるなど、先行き不安も漂う。

 「世界でもっとも電動化が進む中国で(新モデル)開発を急ぐ」。トヨタ自動車の小林一弘・中国本部長はモーターショー会場でこう宣言。2020年までにEVやプラグインハイブリッド車(PHV)など電動車10モデルを中国市場に投入すると発表した。

 日産自動車も年内に日産ブランドのEVを中国で量産、販売を開始すると表明。中国での人気車種「シルフィ…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです