メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

少女から言葉奪う 「お嫁さん」の夢断たれ

小松島学園の写真や資料を見ながら語る三宅光一さん=仙台市で2018年4月21日、遠藤大志撮影

 「中学3年だったその少女は、不妊手術を強制された後、言葉を発することがほとんどなくなりました」。仙台市内に1960年から30年以上あった知的障害児収容施設「小松島学園」の元職員、三宅光一さん(81)=同市=が当時を振り返った。旧優生保護法に基づく強制手術が1406人と全国2番目に多い宮城県は、未成年者の割合が過半数と都道府県の中で突出している。証言は、そんな状況の一端を物語った。【遠藤大志】

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

  5. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです