井岡ジム

所得隠し 大阪国税局指摘、試合収入2億円 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 プロボクシングで世界3階級制覇した井岡一翔氏(29)が所属していた井岡ジムの運営会社「一伸」(堺市堺区)と同社社長の井岡一法氏(50)が、大阪国税局の税務調査を受け、2015年までの約4年間で約2億円の所得隠しを指摘されていたことが分かった。重加算税を含む追徴課税は1億数千万円とみられる。一伸側は取材に、「指摘を受けて納得した部分は修正して支払った」と話している。

 一法氏は一翔氏の父親で、トレーナー兼プロモーターとして興行を取り仕切っていた。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集