メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

温暖化に「適応」する未来 三村信男・茨城大学長インタビュー詳報

三村信男(茨城大学長・国連気候変動に関する政府間パネル<IPCC>報告書執筆者)=東京都千代田区で2018年4月12日、藤井太郎撮影

 地球温暖化の適応策研究の第一人者、三村信男・茨城大学長に、今後の対策の進め方などについて聞いた。

 --地球温暖化の影響はどんな分野で起こりうるのでしょうか。

 影響は広く及びます。気象災害や熱中症など、人間の生命や健康に直接関係する問題だけでなく、水資源や農林水産業など生活や産業への影響も重要です。

 また、文化とか地域の伝統なども大きく変える可能性があります。例えば、サクラの開花時期が変わると、そういう環境で育つ子供たちは、今の時代の私たちとは違う季節感を持つようになるかもしれません。

 --温暖化の悪影響などに備える「適応」が重視されるようになったのはいつごろからでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2776文字(全文3067文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです