メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「48時間内に短編」製作世界大会 大阪大会優勝作、カンヌへ 俳優・北口裕介さん監督、不妊描くダークコメディー

パリの世界大会でトロフィーを手にする北口裕介さん(左)と妻奈々さん=北口さん提供

 決められたテーマに沿って48時間以内に短編映画を製作する「The 48 Hour Film Project」の世界大会がパリで開かれ、大阪市の北口裕介さん(34)が監督した「ベイビーインザダーク」が、5月にカンヌ国際映画祭で上映される15本に選ばれた。北口さんは「アマチュアでも大きなチャンスが開ける。大会のことを多くの人に知ってほしい」と話す。【村瀬優子】

 大会はプロ・アマ問わず1人から参加でき、2001年に米国で初開催。以後、参加者を増やしながら毎年開かれ、昨年は世界120都市の地方大会に計約7万人が参加、約5000本の映画が作られた。北口さんは29チームが参加した10月の大阪大会で優勝。今年3月にあった世界大会では、各都市で最優秀に選ばれた作品とカンヌ行きを競った。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです