メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無罪判決

「包丁見せた」 大阪簡裁「雑談で調書、信用できず」

 包丁で隣人を脅したとして、暴力行為等処罰法違反の罪に問われた清掃員の男性(64)=大阪市西淀川区=に、大阪簡裁(井野口攝裁判官)が26日、無罪判決(求刑・罰金20万円)を言い渡していたことが分かった。容疑を認めたとする調書があったが、男性は公判で「自宅でサラミを切っていただけ。調書は勝手に作られた」と主張。判決は調書の信用性を否定した。

 これまでの公判によると、夜勤明けだった男性は2016年6月朝、自宅マンションの台所でビールを飲みな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです