メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弘前さくらまつり

お堀に「桜一色」花筏 土手を開放し人気 弘前公園 /青森

 「弘前さくらまつり」が開かれている弘前公園(弘前市)外堀と西堀西岸で26日、散った桜の花びらがお堀の水面をじゅうたんのように埋め尽くす「花筏(はないかだ)」が見ごろを迎えた。市公園緑地課によると、今月末まで楽しめるという。

 同公園のソメイヨシノは、一つの花芽から多くの花を咲かせる。このため、水面に散っても頭上の花が残り、お堀一帯を桜一色に染める風情が…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです