餃子通り

宇都宮の人気スポット、命名 焼き色の道路やマンホールも 期間限定の観光案内所設置 /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宇都宮市は26日、有名ギョーザ店が並ぶ同市中心部の宮島町通りを「餃子(ぎょーざ)通り」と命名すると発表した。今月から始まった大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」を契機に考案したという。通りには期間限定の観光案内所も設置し、ギョーザを目当てに集まった人に他の観光スポットを紹介するなど、「ギョーザの街」らしい方法で観光活性化を図る。【野田樹】

 宮島町通り(同市宮町)は、JR宇都宮駅から西に約800メートルの繁華街にある約160メートルの市道。「宇都宮みんみん」本店や「正嗣」本店といったギョーザ店計5軒が並んでいる。休日になると県内外から大勢の観光客が訪れ、入店まで数時間待ちの大行列になる店もある人気スポットとなっている。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文875文字)

あわせて読みたい

注目の特集