メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドリフト走行

自由自在に 「面白さもっと伝えたい」 富山の常川智明さん /富山

 国内では荒っぽい車の運転と見られるドリフト走行は、世界ではモータースポーツとして認知されている。ドリフト技術を競う全国大会で活躍する富山市の常川智明さん(47)は指導にも力を注ぐ自動車愛好家だ。「自由自在に車を操る面白さを多くの人に知ってほしい」と魅力を訴える。

 岐阜県の短大に通っていた19歳の時、通常の運転ではありえないドリフトの動きを見て「俺もやってみたい」と胸が躍った。運転免許を取って間もなかったが、すぐに「ハチロク」の愛称で親しまれるトヨタのスポーツカー「AE86型カローラレビン」を中古で購入し、同県瑞浪市のサーキットで腕を磨いた。

 ドリフトはタイミングが命だ。コーナー進入時にサイドブレーキをかけ、アクセルを踏みながらハンドルを進…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです