チェルノブイリ原発事故

平和記念公園で脱原発座り込み 県原水禁など /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1986年に起きた旧ソ連・ウクライナのチェルノブイリ原発事故から32年の26日、脱原発を訴える座り込みが平和記念公園(中区)であった。

 県原水禁と県平和運動センターのメンバー約80人が参加。「核と人類は共存できない」と書かれた横断幕を手に、正午過ぎから30分間、原爆慰霊碑前で座り込んだ。「福島第1…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

あわせて読みたい

注目の特集