メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

須崎市

IT技術で振興事業 デル、インテルと連携 /高知

 須崎市は26日、IT大手デルと半導体大手インテル両社と連携し、IT技術を活用した振興事業を本格的に始めると発表した。デルの機材とインテルの技術を用い、町おこしや教育事業に生かす。

     市はこの日、市総合保健福祉センター(同市山手町)で記者会見を開いた。事業では、パソコンとタブレットどちらとしても利用できる「2in1」と呼ばれる機材を使用。小型で持ち運びやすく、市のゆるキャラ「しんじょう君」の発信力強化につなげるほか、指定したモデル校に導入し、プログラミングを始めとするIT教育にも活用する。

     人口減少や財政難を抱える市に対し、福井県鯖江市の事業振興を支援したことがあるデルが申し入れ、連携が実現した。既に一部のNPOや企業に2in1を貸与しており、今後両社が市とヒアリングを重ね、具体的な振興策を順次進めていくという。デルの担当者は「海やミョウガなど須崎の魅力はもっと伝えられる。そのお手伝いができれば」と話した。【北村栞】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
    3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
    4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
    5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]