メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

平成あと1年/3 公務の継承に備え

春の園遊会に出席された皇太子ご夫妻=東京・元赤坂の赤坂御苑で25日、佐々木順一撮影

 今年3月、ブラジルの首都ブラジリア。水を巡る問題を話し合う国際会議「世界水フォーラム」に出席された皇太子さまは、現地で記者に囲まれ、「水問題を解決することが平和につながるという、最近の世界の動きを肌で感じました」と熱っぽく語った。

 皇太子さまは2月の58歳の誕生日に合わせた記者会見で次代の象徴天皇の在り方を尋ねられ、「社会の新しい要請に応えていくことは大切なこと」と述べた。これまでに「時代に即した新しい公務」として示されたテーマには、災害や貧困、環境に関わってくる水の問題▽子供と高齢者を巡る問題▽外国との友好親善▽国内の産業や技術の進展--がある。このうちライフワークとも言えるのが水問題の解決に向けた取り組みで、米ニューヨークの国連本部でスピーチをした経験も持つ。

 公務の継承にも熱心な取り組みを続けてきた。皇太子さまは、昭和天皇が逝去した1989年1月から皇位継…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1177文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです