メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

連休に中東歴訪 和平呼びかけへ イランは見送り

安倍首相の中東歴訪先でのテーマ

 安倍晋三首相は26日の衆院予算委員会で、大型連休中にアラブ首長国連邦(UAE)、ヨルダン、パレスチナ自治区、イスラエルを訪問すると表明した。日本がエネルギー資源を頼る中東の安定に向け、中東和平交渉に積極的に関与する狙い。イランへの訪問も検討していたが、同国と対立する米国への配慮から見送った。

 首相の中東訪問は2015年1月以来。政府が衆院に示した資料によると、29日~5月3日の日程で調整する。

 日本は中東に原油輸入量の87%(17年実績)を依存する。中断しているイスラエル、パレスチナ自治政府…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 厚底シューズは禁止されるのか 疑心暗鬼の中ライバル各社が仕掛ける宣戦布告

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです