メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

石綿健康被害 初の大規模調査 実情に即した救済策を=芝村侑美(大阪社会部)

階段や屋外の歩行を苦にする人が多いなど、患者の厳しい療養生活が明らかにされた大規模調査の検討会=東京都千代田区で3月5日、芝村侑美撮影

 環境省は先月、石綿健康被害救済法で認定された患者や遺族約1100人を対象に実施した初の大規模調査の結果を公表した。回答した患者約900人のうち、9割が激しい運動をしなくても息切れがするなどと答え、厳しい療養生活の一端が明らかになった。石綿被害が社会問題化し、救済法が施行されてから10年余りになるが、被害は収束せず、患者は増加している。遺族への取材を通し、救済制度の中身を充実させる必要があると感じている。

 2006年施行の石綿救済法に基づく国の救済制度は、石綿を吸って中皮腫や肺がんなどの健康被害を受けた…

この記事は有料記事です。

残り1781文字(全文2035文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです