メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨流出

コインチェック事件3カ月 進む再編 金融庁監視、環境改善へ

 仮想通貨交換業大手コインチェックで、仮想通貨「NEM(ネム)」約580億円分が不正流出した事件の発生から26日で3カ月がたった。ずさんな管理体制が露呈したことで、金融庁は監督を厳格化。業界は淘汰(とうた)・再編の動きが進む。一方、事件の捜査は難航しており、利用者が安心して取引できる環境整備は道半ばだ。

 「初めて登録業者によって、これだけの資料が作られました」

この記事は有料記事です。

残り1658文字(全文1839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです