メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぷらすアルファ

社外セクハラ対処法は 相手に伝わるように「NO」

社外でセクハラ被害が起きた時には

ぷらすアルファ(α)

 セクハラ疑惑で辞任した財務省の福田淳一前事務次官の耳を疑うような発言の数々に、「私も経験がある」と思った人は、業界を問わず少なくないはずだ。社外からのセクハラは、取引先の方が力があるなど二重の上下関係にもなりかねない。拒絶の仕方も難しく、社内にも相談しにくいのが実情だ。どう対処すればいいのか。

 「この後どうする? ホテルに行こうよ」。東京都内で働く30代の営業職女性は、取引先の男性から何度も誘われている。体に触られたり下ネタを強要されたりすることもしょっちゅうだ。機嫌を悪くさせると契約を切られるかもしれない--。強く拒むこともできず、笑ってごまかした。自分の能力や態度を疑われないかと不安で、上司にも打ち明けられず、社内にあるセクハラ相談窓口にも頼れない。いざという時に被害を訴え出られる…

この記事は有料記事です。

残り2070文字(全文2428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです