メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・気象・防災

AIで気象予報士不要に?

日本IBMの本社内に設置された「アジア・太平洋気象予報センター」で業務にあたる網野順センター長=東京都中央区日本橋箱崎町で2018年4月6日、池田知広撮影

 気象予報に人工知能(AI)を用いる動きが広がっている。米IBMは2016年、世界220億地点を予報できるシステムの運用を始めた。これに伴って日本IBMも予報業務に乗り出した。AIは気象予報士を不要とするのか? 最前線を取材した。

 ●162種のモデル

 東京都中央区のビルの一室。「この席にいるだけで、世界中の天気がどう変わっていくのか分かります」。日本IBMが本社内に設置した「アジア・太平洋気象予報センター」で、気象予報士の網野順センター長(55)が話した。部屋に据えた数々のモニターには、北米周辺の気圧配置図や、オーストラリアの雲の衛星画像、日本付近の高層天気図が表示されている。予報は全世界の500メートル四方ごとに15分置きに更新され、気象予報士が1人でそれを見ている。

 システムの根幹は、気象当局などが予報に使う「数値予報モデル」と呼ばれるプログラム。気温や風向風力、…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1412文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです