メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弘前さくらまつりが開幕した弘前公園で咲き誇る桜=青森県弘前市で2018年4月21日、北山夏帆撮影

 今月私は、春を感じ続けたくて桜前線を追いかけています。福島では福島市の花見山公園を訪れました。日本を代表する写真家の秋山庄太郎が「福島に桃源郷あり」と表現したことで知られる名所で、数種類の桜、ボケ、ハナモモ、ユキヤナギなどが競いあうように咲いていました。福島の次に訪れたのは青森県弘前市。弘前公園の桜が最も有名ですが、青森県出身の文豪、太宰治の自伝的小説「津軽」(新潮文庫)にはこのような記述があります。<津軽では、梅、桃、桜、林檎(りんご)、梨、すもも、一度にこの頃、花が咲くのである>。福島同様、青森も春は百花繚乱(りょうらん)の桃源郷になります。

 私は百花繚乱の東北地方で一生懸命桜を追いかけているわけですが、その桜前線は、実は別のものを追いかけ…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文913文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです